ガバナンス

ケネディクス不動産投資顧問株式会社は、ケネディクスグループの総合力を活用し投資主価値の向上を追求していき、これに当たっては、適切なガバナンス体制が重要であると考えています。

組織図

組織図

ガバナンスの効いた意思決定プロセス

資産の取得等が利害関係取引となる場合には、コンプライアンス委員会等を経る等、ガバナンスの効いた意思決定プロセスで運用します。

意思決定プロセス

(注)別途各投資法人に関し、投資信託及び投資法人に関する法律(投信法)又は社内規程にて役員会承認と定める取引については、更に投資法人役員会の承認を要します(但し、法令上の軽微基準の範囲の取引である場合を除きます。)。

各ファンド間における利益相反の防止

ケネディクス不動産投資顧問株式会社は、各ファンドを運用する本部の本部長の兼任を禁止するとともに、「パイプライン会議」を設置し、「優先検討権」に関するルールを採用することで、入手する不動産等売却情報に関して、取得のための検討を優先して行う各ファンドを決定するルールを設けています。

かかるルールを適切かつ円滑に運用することで、恣意的な不動産等売却情報の配分を防止し、もって各ファンド間における利益相反を防止し、各ファンドに対する業務の忠実性を確保することを目指しています。

ページトップへ

ケネディクス不動産投資顧問株式会社

Copyright © Kenedix Real Estate Fund Management, Inc. All rights reserved.